悪のほそ道

発達障害やらアニメの感想やらプロレス感想、阪神タイガース感想などいろいろやります。

このブログにつきまして

悪のほそ道とは?

ここは発達障害(ASD/ADHD)の視点でプロレス語り(新日本プロレス中心)
プロ野球語り(特に阪神タイガースに関して)
アニメ語り、時事や雑記を書き連ねるブログです。

プライバシーポリシー

誰もわかることだろうと思って今まで書きませんでしたが
やはり明示は必要なので書かせていただきます。
当ブログでは、テキスト・画像等の無断使用、転載
スクリーンショットによる晒し行為を固く禁じております。
また、まとめサイトや5chなどへの引用も固く禁じます。

※下記サイトでの使用は禁止とさせていただきます。
  ・法令、公序良俗、一般常識に反する内容のサイト
  ・特定の個人・企業・団体を誹謗・中傷する内容のサイト
  ・当サイトおよび当サイトからのリンク先に不利益を与えるサイト
※個人利用の場合はご連絡やリンク表記も必要ございません。
 でももしリンクしてもらえたら私が個人的にすごく喜びます。
 商用利用の場合はメールにてご一報いただければ幸いです。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

高橋遥人や西が援護をなぜもらえないのか?

ここ初戦の遥人や西がいいピッチングなのに援護点をもらえない
という現象について。

責任は打撃陣にあり というのが今までの野球の常識だろう。

しかし本当にそうだろうか?

わたしは多分同様のことを岩田にたいしても指摘してると思う。

確かに内容としてはいい

ここのところの巨人戦を見ても二人のピッチングの結果そのものは
たしかにいい。確かにいいのだ。

しかし守ってる野手にとって本当にいいピッチングなのか?

しかし、守っている側にとって本当に打席につながるピッチングなのか?
と問われると、どうもクエスチョンマークがつかざるを得ない。
思うに、独りよがりで投げていないだろうか?人間不信ではじめから
ピッチングしていないだろうかと。

投球リズムに原因があるのか?それとも投球内容にあるのか?

同じ三振やストライクとるにしても守ってる野手にとって
「なんやねんこいつ」「えらそーに」
「ケンカ売っとんのか?」
という感じで野手が「イラっ」とくるような投球になってないだろうか?
検証の価値は充分にあると思う。

打線がうまく機能しているときの投球リズム、テンポ、内容を考証する価値はある。

これも我々素人目ではわからない領域の話に恐れ多くも踏み込む内容だが、
打線が機能している時、機能していない時の投球内容、
しかも表面的なものでなくリズム、テンポ、投球の流れなども含めた
生の部分の検証に踏み込んでみてはどうだろうか?

人間関係面でうまくいってるのか?

意外とここも見逃せない。正直しくじり先生ライガーシフトみたく
なってないか?と。野手連中との人間関係がうまく行ってないのではないか?
という部分のケアも怠ってはいけないように思う。

阪神ファンが「巨人ファンはどこへ行ったのか?」を読んで

いち阪神ファンの視点として率直に書こうと思う。

今、ジャイアンツファンはどこも肩身の狭い思いを抱えているのかとも思ったし、
そうなった原因はどこにあるんだろうとも思った。
しかし、そうなったのは残酷で悪いが巨人関係者による自業自得な部分も多いように思う。

巨人にあらずんば人にあらずの時代が長すぎた。

はっきり言ってしまうと巨人に関わる全てが全て奢り昂っていたのではなかろうか?
ナベツネ 長嶋 徳光 マスメディア連中。
たしかにテレビがイニシアチブを握っていた時代には巨人はマスメディアによる洗脳でここまで来れたのだろう。全国的な球団に。
まさに「平家にあらずんば人にあらず」の歴史のごとく、江川事件にはじまりFA強奪でパワーバランスを崩壊させてきた。

その一方で闇は膨らんでいった。

当然そこに面白くないと思う連中が出てくる。
これは他球団ファンばかりではない。
野球ファン以外もだ。
例えばアニメが野球中継で潰されていく。
当時は延長もあったのでビデオ録画しようとしたドラマの録画が延長のせいで失敗する。
細かいことが積み重なって野球に対する、巨人に対する憎悪が形成されていったとわたしは思う。

巨人も12球団のうちの一つとは口では言うが

正直本音で言ってるのか?とさえ巨人ファンに対しては特に思ってしまう。
このような輩を見るにつけ特に

まだまだこんなのが息づいているのだ。
これではまっとうな巨人ファンは余計に肩身が狭くなるわけだ。

改善策に新日本プロレスが挙げられていた。

正直言って新日ユニバースから言わせてもらうとまだまだ巨人は落ち切ってないじゃないかというのが本音だ。
新日はとにかく落ち切った。やばいというくらいに。
だからこそ改革が通りやすかったとも言える。
巨人はどうだ?まだまだ落ち切ってはいないではないか。あまり参考にはならない。
同じことやったとしても逆に顰蹙買うだけだろう。

巨人を名実ともに12球団のうちの一つにするには

簡単だ。向こう10年最下位になり続けることだ。
そして読売グループが巨人を手放し「東京ジャイアンツ」になることである。
盟主という座を巨人から引っぺがすにはこれしかもはやないのだ。



大山悠輔が好機で空振りする理由

ついに大山が途中交代と相成った。

どうもわかりやすいボールを振って
面白いように三振やゲッツーになっているので
何か変な原因がないかを考えてみたいと思う。

大山にチャンスが回ってくるのではない。わざと相手が回しているのだ。

ここを我々と阪神コーチ陣選手陣は勘違いしてはいけない。
相手チームは大山が悪いことを織り込み済みでわざわざ計算して大山に回るように打者走者を調整している。
ここを見落とすと見誤る。
そうすると阪神としての最善の戦略は「調子の悪いバッターの前に仕留めるかバントスクイズさせるか」である。

じつは相手バッターの調子を落とす一つの方法があるのをご存知だろうか?

どこかで「際どい苦手コースに甘い球」を投げ込まれていないか?

130試合を線として考えた場合、
必ず発生しているかもしれない原因がこれである。
結果に浮かれてしまったがためにそこを打てると思い込んで凡打や三振を重ねてしまう。

これはワンナウツで渡久地東亜がリーグ優勝決定戦1試合目でわざと大量得点を取られた際に使った手だ。

「苦手コースにわざわざ甘い球を投げてメカニズムそのものを狂わせる」という。

多分これをやられていると思う。

結果だけでなく経過もあるはずだ。

これは成功体験を逆手に取られた罠である。
おそらく、大多数の阪神の打者がやられているのではなかろうか?
昨日の試合でも「厳しいところを打ち込んだ」と見るか「苦手コースに甘い球を投げ込んできたか」と見るべきかだ。
130試合を戦う戦略としてこういうことがあるという事を阪神コーチ陣は常識として考えているだろうか?

今すぐ見るべきはここ一年の好打に潜んでいる穴だ。

それは苦手コースと思われるところで甘い球を投げ込まれたがためにたまたま捉えてしまった打席にこそ答えが隠れている。
阪神コーチ陣は今すぐこの部分の検証を行わなくてはいけない。


130試合を戦うということ

我々ファンも忘れがちだが130試合を戦うというのはどういうことかということだ。
このようにわざと苦手コースに甘い球を投げ込んで罠を張るという長期的戦略もあり得なくはない話であり、目先の結果だけで見えない部分がそこには存在するということを忘れてはいけないのだ。

萌えアニメコンテンツに安易に手を出した巨人軍の見通しの甘さ

わたしは巨人軍とバンドリがコラボした際、
はっきり言って血の氣が引いた。
何も何で巨人軍やねんという阪神ファンのやっかみからではない。いや否定はしねえけど(苦笑)

江川の空白の一日からFA強奪、そして球界再編騒動で本当にプロ野球が終わりそうになったことを経験している身からしたら、
巨人軍関係者及びコラボ先関係者はどれだけ他球団ファンに深い傷を負わせたのかあまりにも認識が甘いように思ったからだ。

ここでは、何故巨人軍とバンドリのコラボがなぜ不評であり失敗したかを考えてみようと思う。

最大の原因は「企画者の認識の甘さ」

わたしはこのコラボの最大の失敗原因は
「巨人軍及びバンドリ関係者の認識の甘さ」にあったと思う。
相乗効果を狙った節はあるとは思うが
逆にあまりにも他球団のバンドリファンからの悪印象を強めてしまったようだ。
では、何に対しての認識が甘かったのだろう?

バンドリのようなコンテンツのファン層と一般アニメのファン層の違い

例えばセーラームーンやコナンといった有名アニメとコラボしてもそれほど反発はない。
そういったアニメ層が熱狂的かというとそうでもないからだ。
しかもこれらのアニメは1球団で止めることはないのが織り込み済なのも大きい。
しかし、バンドリのような熱狂的なオタを抱えるアニメコンテンツはどうか?
当然嫌いな巨人軍のロゴが入っているがためにグッズに手を出せない層が多数発生する。
それに対する怒りも発生するのだ。

なぜ巨人軍だと抵抗を持ってしまうのか?

巨人軍はあまりにも盟主ツラしすぎた。
というより、今までナチュラルヒールムーブをぶちかましすぎて積み重なりすぎたのだ。
これは巨人ファンも同様だといえる。
そのような現状に対して巨人軍関係者はあまりにも現状認識が甘すぎるのだ。
だから刀剣コラボにしろバンドリコラボにしろコラボしただけで反発くらうのではないのか?

残酷なことを言うが、巨人軍は永久に単独で萌えや腐夢アニメコラボが出来ない立場である。

阪神や広島ならともかく、巨人はコラボしただけでも反発がどうしても来てしまうのは長年積み重ねてきたナチュラルヒール行為故だともいえる。
こればかりはわたしにもどうしようもできない。ナベツネと読売本部に文句言ってくれとしか言いようがない。

はっきり言うが萌えや腐夢コンテンツと巨人単独コラボは金輪際やってはいけないし
読売巨人軍関係者は立場を厳格に認識して金輪際諦めろとしか言えない。

どうしても単独でやりたければビジター球団分のグッズも用意するべき。

巨人軍が萌え 腐夢コンテンツとどうしてもコラボを行いたければもうこれしか方法がないのだ。
今回にしても「伝統の一戦イベント」とのコラボにして阪神分のグッズを用意していればここまで不評になることはなかったのではないか?
阪神分に関しては後日甲子園や通販で対応してもいいだろう。


スイッチブレイドへの違和感の正体と今後

実際言うんですけど
わたしの中でだけですがジェイくんの評価って
めちゃくちゃ低かったんですよね。
しかし、周りの通の評価ってすごく高いんです。

何でだろう?と考えた際に、今までのジェイの
何がいけなかったのかを振り返ってみようと思います。

凱旋時にマイクアピールがなかった。

まずここでつまづいちゃいましたねえ。
大阪で「喋れコール」沸き起こっちゃって。

バレット内紛権力闘争に乗り遅れた

わたしはここが最大のキーポイントだと思うんですよね。
2018.1.5の後CHAOS入っちゃったじゃないですか?
これが本当にいかんかった。
この時のジェイって本当に中途半端な印象しかなくて評価だだ下がりだったんです。
ここでケニーとCody叩き出してトンガ組と組んでバレット入って三すくみすればまた違ったのではと思うのです。
その後のG1も無駄なムーブが多かった。
それが自分自身の低評価を加速させていたように思いますね。
現にこの時「はよBCOG入れ」と連呼してましたから。

ゴリ押しだと思われてしまった。

多分バレット権力闘争中の立ち回りで出遅れてしまったが故だと思うんですが
IWGPヘビーまでの道のりでゴリ押しだという印象を受けてしまったんですね。
これジェイどーすんのとさえ思ってしまったくらいに。

また彼もエリートに振り回された一人

見方を変えるとジェイもまた
エリート連中に振り回されたとも言えるんですよね。
正直言ってしまうとここでG1で結果出せないようであれば再び海外武者修行もありえると思ってました。

モクスリーを破ったことで景色を変えてみせたか?

しかし、この負けられない一戦でモクスリーを破ってみせたことでなんとか踏みとどまったんではないですか?
なにせわたしの目には「モクスリーの存在を一番面白くないと思ってるのはジェイ」だと思ってましたから。

どのようなヒール道を行くのか?

反則ムーブを行いつつ肝心要ではその卓越したレスラーセンスで3カウントを奪う憎らしさで内藤を葬って見せた時は
ついにここまで来たかという感じでした。
今後はインターコンチもUSもターゲットに入ってきて、どのようなより洗練された悪のムーブを見せてくれるのかですね。

違和感は消えたのか?

わたしの中ではほぼ消えたと思っていいと思います。
これから先観戦する際ヘイトではなくヒールへの賞賛としてのブーイングを心置きなく出来ます。

今こそ振り返ろう 飯伏幸太の覚悟の軌跡を

やはり皆も思うことであろうが
「覚悟がようやく一つ目の実を結んだ」
これが飯伏G1制覇の要因だとわたしも思うのです。
では、その覚悟がカタチになるまでの軌跡を振り返ろうと思います。

第1章 棚橋弘至からのラブコール

思い起こせば神と崇めた棚橋を2017年のG1鹿児島大会でカミゴェで破り、満身創痍になっていた棚橋からのラブコールを受け、インターコンチ戦へと臨んだものの、この時は敗北。
まだフリーランス状態というのもあり、棚橋の目からも中途半端に見えたことだろう。
この後も棚橋から覚悟を問われていた。

第2章 ゴールデンラヴァース復活そして暗転

そして事件は2018年2月に起こった。
ケニーオメガ 対 ジェイホワイトのUSヘビー選手権試合でジェイに敗れた後、Codyの襲撃から飯伏がケニーを救ったとき、ついにゴールデンラヴァースは復活を遂げた。
しかし、事態はここから暗転していくことになる。
わたしが期待したのはバレットクラブから身ぐるみ剥がされた二人が地獄道を行く物語であったのだが、次に映し出された光景は
バレット権力闘争とは名ばかりの馴れ合いストーリーであった。
この中で飯伏幸太は何を思ったことだろう。
余談だがジェイはこのバレット権力闘争に後手に回ってしまったがためにヘイトを買う結果になってしまった。
そして、ケニーオメガが大阪城IWGPヘビーを戴冠したとき、この暗転は決定的になってしまったように思う。
その暗転を決定づけたのが10月両国の3wayだ。
もはやあれは見た目が派手なだけの茶番でしかなかった。
おそらくこの中で飯伏幸太はケニーとの訣別を決めていたのかもしれない。

第3章 後藤洋央紀とのNEVERゴリ押し

わたしは2018年の飯伏幸太に対し、
「悪い意味で欲がない」という印象が拭えなかった。
しかし、ある男のリクエストにより、運命は大きく動くことになる。
当時のNEVER王者後藤洋央紀だ。
後藤はツイッター上で必要以上に飯伏にNEVER戦を要求するが、当の飯伏は塩対応で
お断り状態。だが荒武者はあきらめなかった。
そして、リング上で「あきらめるよ」と
引いた途端、慌てた飯伏が「なんであきらめるんですか?やりましょうよ」といった途端、
「決まりだな」とついに成就させてしうことになる。
そして、後藤洋央紀を破った飯伏幸太
ベルトを巻いたことで、心の中で何かが変わってそして動いていったのではないのか?
ここでついに覚悟が目に見えるカタチになったのではないだろうか?

そして新日所属へ

ケニー達が新日を抜けAEWを立ち上げる真っ只中、イッテンヨンでのオスプレイとの戦いでの負傷から復帰した大阪のNEW Beginningで
新日に残ることを決め、新日所属を正式に決め、腹をくくった。
そのあとはご存知の通り、インターコンチを内藤と奪い合い、そしてG1を初めて制したのだ。

イッテンヨンのメインイベントの先には

棚橋から覚悟を問われ、エリート抗争でもがき苦しみ、後藤とのNEVER戦で火がついた覚悟。
そして一つカタチになり、こんどはオカダとの王座戦だ。
その先に何が待っているのか?
わたしは楽しみで仕方がない。

飯伏が神と崇めた男 棚橋弘至の新刊はこちら

©2017-2019 NukesakuIchiban