悪のほそ道

発達障害やらアニメの感想やらプロレス感想などいろいろやります。

プロレス

スイッチブレイドへの違和感の正体と今後

実際言うんですけど わたしの中でだけですがジェイくんの評価って めちゃくちゃ低かったんですよね。 しかし、周りの通の評価ってすごく高いんです。何でだろう?と考えた際に、今までのジェイの 何がいけなかったのかを振り返ってみようと思います。 凱旋時…

今こそ振り返ろう 飯伏幸太の覚悟の軌跡を

やはり皆も思うことであろうが 「覚悟がようやく一つ目の実を結んだ」 これが飯伏G1制覇の要因だとわたしも思うのです。 では、その覚悟がカタチになるまでの軌跡を振り返ろうと思います。 第1章 棚橋弘至からのラブコール 第2章 ゴールデンラヴァース復活そ…

(悲報) なつぽい 収録番組に乱入しようとしてしまう

万喜なつみ(maki natsumi)なつぽい on Twitter: "なんでやねん! なんで伊藤くんやねん! 乱入したろか?!おぉ!?✨… "かつてアクトレスガールズで一緒だったRoseliaのボーカル相羽あいなのラジオ番組に 伊藤麻希が出演した際の万喜なつみのツイートがこち…

G1終了の流れのまとめ

無事に終了したG1クライマックスですが、 やはりTo Be Continued 次につながる 流れもしっかりと構成してきましたね。 鈴木みのるがいきなりIWGPヘビー挑戦 KENTAバレットクラブ入り 飯伏幸太、IWGPヘビー戴冠後1.5でインターコンチ戦をぶち上げる。 最後に…

G1クライマックス最終日 覚悟を決めた飯伏が頂点に

ELETEに翻弄された二人が決勝の舞台に 勝負所の相手に勝ってともに勝ち上がってきた 今年はついにジェイは強さの証明をしてみせた。 ついに飯伏幸太がG1の頂点に 混沌とするダブルドーム戦線 ELETEに翻弄された二人が決勝の舞台に この組み合わせは偶然なの…

聖帝の目にも涙

いや、意地でもアイアンフィンガーで 決めてやろうっていう執念がね、なんというかすごい。 同郷の飯塚高史をかなり意識してやってきたとは思うし、飯塚高史の登場すら撒き餌にして あくまでも自分で決めることにこだわっていたように思います。 内藤哲也に…

G1クライマックス ダラス大会

いよいよダラスで開幕したG1クライマックス。 前例のない海外開幕戦。ただ、客席の一部を封じていたのは気になりますが。 オスプレイvsランス・アーチャー EVILvsバッドラック・ファレ SANADAvsザック・セイバー・ジュニア 飯伏幸太vsKENTA オカダ・カズチカ…

田口監督が招いた「負けた側のマイク締め」

昨日のメインのファンタズモ石森組と SHO &YOH。 光ったのは3K側のタッチ寸前での石森の行動。 あれほんとうまいって。 終始バレクラペースでした。しかし、試合後に田口監督が救出の流れ。 ファンタズモとのジュニアシングルへの 所信表明からの、そのまさ…

提案 G1にシード権制度と予選を

G1選外の鈴木みのる「偽りの看板をおろしやがれ」 - プロレス : 日刊スポーツまあ、こういう理不尽もプロレスっていや プロレスなんですけどね。しかし、これどうもファン同士の軋轢に繋がっててあまり健康的ではないとは思いませんか?こうなってくるとね…

ジェリコノーエントリーの影響

G1クライマックス 選手 ブロック分け発表 - 悪のほそ道流石に日程の都合といえばそれまでですが、 これはこれである一つの可能性が 高くなってきたということなんです。それは何か?オカダ IWGPヘビー王者としてG1制覇です。 前回の大阪城の結果が伏線となっ…

G1クライマックス 選手 ブロック分け発表

いやいやついに発表されましたねえ。 Aブロック Aブロックのポイント Bブロック Bブロックのポイント 落選(所属or参戦選手のみ) 落選選手ポイント Aブロック オカダ カズチカ ザック・セイバー・ジュニア 棚橋弘至 飯伏幸太 EVIL SANADA バットラック・ファ…

大坂夏の陣総評と新日本後半戦予測

今回のドミニオンを見ての感想。 今回の締め方は相当勇氣いるのでは? とにかく今後への情報量が多すぎる。 ジェイホワイトの存在感の薄れぶり 今回のメインの意味 今回の締め方は相当勇氣いるのでは? ぶっちゃけアニメみたく前々から決めてたり後出しジャ…

情報量多すぎる大阪城 タイトルマッチ編

いや、タイトルマッチみるのも大変。 前半はこちら 情報多すぎる大阪夏の陣 前半戦編 - 悪のほそ道 第5試合 NEVER無差別級 タイチ対石井 番外編1 大坂冬の陣新設 第6試合 IWGPタッグ GOD対イビサナ 番外編2 第7試合 IWGPジュニア ドラゴンリー対オスプレイ …

情報多すぎる大阪夏の陣 前半戦編

ごめん、情報量半端なすぎる。 何から語っていいかわからん。だが語るしかありますまい。 第1試合 モクスリー対海野 第2試合 小島対鷹木 第3試合 ライガーYOSHl対みのるザック 第4試合 棚橋ジュース田口対ジェイチェーズ石森 第1試合 モクスリー対海野 やっ…

本日大坂夏の陣 押さえておくべきポイント タイトルマッチ編

前回の記事本日大坂夏の陣 抑えておくべきポイント - 悪のほそ道次はタイトルマッチ 第5試合 NEVER無差別級 タイチ対石井智宏 あべみほが足の骨折 実は鷹木信悟の今後を占う 第6試合 IWGPタッグ タマタンガ対EVELSANADA 第7試合 IWGPジュニア ドラゴン・リー…

本日大坂夏の陣 抑えておくべきポイント

いよいよ大坂夏のビッグマッチ Dominionです。ここで、今回の大会で抑えておくべき ポイントを述べていこうと思います。 第1試合 モクスリー対海野 モクスリーの今後の所属ユニットを決める試合 海野翔太ヤングライオン卒業査定試合 第2試合 小島聡対鷹木信…

鷹木信悟がBOSJで敗れたのは無差別への伏線か?

https://twitter.com/njpw1972/status/1136275232438738945?s=20今回ベストオブザスーパージュニアで オスプレイに敗北した鷹木信悟。 さて、いよいよヘビーとのシングルへと なっていくわけです。 移籍時ヘビーなんじゃないかと思ってた件 今回の対戦相手 …

ここに来てのジョン モクスリー

なぜここに来てAEWに参戦決めたモクスリーが 新日に参戦するのか?過去から遡るんですけど これは穿った見方なんですけど AEWがもしうまくいかなかった時に 新日にAEW軍団との外敵抗争戦になる可能性を 考えておいた方が確実だと思うんですよね。 ケニーとヤ…

本日の入場曲 「STARDUST」

ご存知 内藤哲也選手の入場曲です。この曲は新日本隊のスターダストジーニアスの時代から苦楽を共にしてきたまさに内藤哲也のレスラー人生そのものというべき曲ではないでしょうか。今ではイントロが流れた瞬間から ナーイートーーー ナーイートーーーの 大…

オカダカズチカ ついに二冠王?

え?IWGPヘビー1冠じゃないの?と思われた方。news.livedoor.com オカダはこの日の昼、ツイッターで「私事ですが以前よりお付き合いさせて頂いていた三森すずこさんと入籍したことをご報告させて頂きます。レインメーカーとして“幸せの雨”を家庭に降らせるこ…

新日本マディソン オカダ戴冠

いや本当によかった。外道さんの介入もありでどうなるかと思ってましたよ。 まさかのレインメーカーキックアウトからのスイッチブレードキックアウトそこからの意地のレインメーカー。あたしゃもう感動しましたよ。ついにSANADAとの再戦の約束を果たすんです…

ジェイ ホワイトのブーイングに思う

https://www.njpwfun.com/entry/2019/03/26/080000 NJPW FUNさんより。 自分からすると、確かにあまりにも下品な行為だとは思いますが、 はっきりいうとヘイトを積み重ね過ぎたと思います。 https://www.akunohosomichi.com/entry/2018/08/13/073154 俺自身…

NJC オカダ優勝

ぶっちゃけしびれました。 互いが互いの死力をつくして相手を上回ろうとする プロレスのスタイル。 あくまでもオーソドックス。 去年の大阪のIWGP戦からSANADAがさらに進化して ここ長岡に戻り、地元の大声援もそれを後押ししていたように 思います。 しかし…

鉄血第三期のモヤモヤに似ていた KUSHIDA VS BUSHI戦

先日 KUSHIDA対BUSHI戦を 新日本プロレスワールドで観戦いたしまして。 何というか、鉄血のオルフェンズの第三期に似た モヤモヤを禁じ得なかったんですね。 遡るは大阪城ホールのKUSHIDAのベルト奪還からの ウエーブを毒霧でBUSHIが阻止して挑戦表明すると…

ちょっと一線超えたな

www.youtube.com まず参考に大阪城で行われた 内藤哲也対棚橋弘至の煽りVを御覧ください。 www.youtube.com 棚橋のコメントに注目。 「ちょっと一線超えたな」 「プロレスの根本を分かってない。」 「ああいうこと(ベルト破壊)をやればやるほど小物感を 感…

棚橋が代々木で観客に怒った理由。

ツイッターではほぼ9割方プロレスのことばかりに なってしまっていますが、どうやらこの事象に関してはツイでは 書ききれないと思いここに書きます。 ええと、今回代々木で内藤と棚橋が対峙し、 その際棚橋に対してかなりのブーイングがあり、その主に 「ハ…

©2017-2019 NukesakuIchiban