悪のほそ道

発達障害やらアニメの感想やらプロレス感想、阪神タイガース感想などいろいろやります。

京都アニメーション放火について

京アニ火災、死者33人に 身柄確保された男は意識不明 [京アニ放火]:朝日新聞デジタル

33人。はっきり言うが戦後最悪ではないか。
しかもアニメーションスタジオということもあり、失われた部分も大きい。

俺の中でごちゃごちゃとした意見があるけど
今この状況で言えるわけがない。

だから、京都アニメーションが世に広めた功績というものを見てみたいと思う。

聖地巡礼

聖地巡礼文化はどこが始めたかというのは
曖昧でしかないが、少なくともハルヒとか京アニ作品をきっかけに聖地巡礼をやったオタクは多かろう。そのきっかけを作ったともいえよう。

作画のクオリティ

京アニ作品に触れて皆驚いたのが作画の演技のクオリティだろう。
ギター演奏一つとっても本当にこだわり切っていたり、本当に作画の演技の凄さはここは凄い。

自社でラノベレーベルを作った

実はこれも大きなことで、原作となるであろうライトノベルを自社でレーベル作っていったのも大きい。
何より原作を自社で賄えるというシステムを
作ったのが画期的だった。

何よりアニメ=東京という概念を崩した

何よりもこれが大きく、地方からでも良質なコンテンツを提供できるというムーブメントが生まれ出したのも大きいのだ。

失ったものは大きい。今は哀悼といち早くの復興を願う

我々にできるのは、哀悼の意を表するとともに
いち早くの京都アニメーションの復興を願うのみだ。

©2017-2019 NukesakuIchiban