悪のほそ道

発達障害やらアニメの感想やらプロレス感想、阪神タイガース感想などいろいろやります。

多分阪神がチャンスに弱い理由がこれだと思う

応援クリックお願いいたします

ブログランキング・にほんブログ村へ

https://qoly.jp/2019/08/07/fernando-torres-on-japan-football-hys-1

「日本で、選手はミスが許されないところを見てきた。

それでは若手の選手たちはミスを恐れるようになってしまう。“ミスをしてはいけない”と考え始めてしまうと選手として成長できないんだ。

若手の選手たちは“ミスすること”を経験していなければいけないよ。

スペインでは多くのミスをすることが認められていて挑戦することができる。彼らは開放的で意欲がある」

以上引用

野村克也が「選手をファンが甘やかしている」
と言っているが、わたしにはそれが違和感しか感じなかった。
たぶんここに集約されているのではないか?

特にファンが「ミスを許さない」傾向が強い

負けている時の阪神ファンはわたしも含めてだが本当に容赦がないと思う。
これをよくわかっているからこそ「ファンが選手を甘やかしている」というセリフに違和感しか感じないのだ。

実はヤジが阪神を弱くしているのではないか?

正直伸び伸びできる環境ではなく、
チャレンジングな環境ではないように思う。
金本時代までのツケといやそうなるが、
どうもね、ファンが招いているのではないのか?

その一方でJリーグの低迷クラブにおけるサポーターが起こす行動を起こそうとしない

わたしが特に懸念しているのがこれだ。
わたしはJリーグのサポーターが時々羨ましくなる。
彼らは低迷という事実に対して声を首脳陣やフロント連中に上げる行為をしている。
完全に彼らは正しいのだ。
しかし一番やりそうな阪神ファンは全くやろうとせず巨人ファンと喧嘩してみたりだ。
肝心要のフロント連中に抗議行動を起こすのがまず筋というもの

怒るべきところを見誤るな

わたしが前の記事で大山に疑惑をかけたのは
八百長行為で本当に外部からバレようものなら西鉄の二の舞になって阪神が十中八九終わるのは確かだし、
反社会勢力の介入がここで行われていないかという危機感があってのこと。
現に渡辺長助スコアラーや中村勝広氏が変死したり日航機で社長が間接的暗殺されるような状況がよく起こるから。
しかし、選手のプレーへの罵倒はほぼやらない。意味がないからだ。
それよりもフロントに対して大人数で抗議することをなぜやらないのか?
やはり戦いは結局数なわけで打撃コーチなどの不手際なら徹底的に抗議集会を行うのが筋だ。
だが選手に対しては必要以上にミスに厳しくして縮こまらせるのは違うのではないか?

©2017-2019 NukesakuIchiban