悪のほそ道

発達障害やらアニメの感想やらプロレス感想などいろいろやります。

鉄血二期自称アカン警察

ここでは、鉄血二期がなぜアカンのかを
説明していこうと思う。

まず、作る側がキャラの回し方を
「忘れている」
一番いい例がマクギリスでありガエリオであろう。

マクギリスは一期では権謀術数を駆使し、状況までも利用する頭のいい人間として描かれていたのだが、
二期ではバエルを手に入れた途端痴呆化してしまった。
スタッフ連中は
「マクギリスはバエルを手に入れた時点で満足した」としているが、
こんなものははっきり言ってあまりにも抗議が酷かったもんだから言い訳テキトーに考えて誤魔化した戯言に過ぎない。

もし百歩引いてマクギリスを痴呆化するにしても、バエルが手に負えないチートボスでなければ説得力もないし、プラモを買おうとするお客様にも泥を塗っているに等しい行為だろう。

おそらく、1年連続でやっていたら防げていたのかも知れない。
一年空いたからこそキャラをどう回すかも忘れてしまっていたのだろうと思うが。
最もスタッフがマシな連中だったらの話。

第二にあまりにも物語の間が悪いということ。
その典型的な例としてジュリエッタの行動だろう。
彼女がもし妨害しなければもっと物語はスムーズに行ったのではないのか?
お陰でイオクは死ぬタイミングを完全に失って不当なバッシングを被ることになったし、
ラスタル役の大川透氏からも「俺死ななくていいの」とか指摘されているほど、
ラスタルも死ぬタイミングを逸したともいえよう。
そう、ギャラクシーキャノンの時点でラスタルは死んだ方がまだ物語としてはマシとも言えた。
三日月がジュリエッタに対して「お前消えろよ」と言ったセリフがあるが、これに同意したお客様は多かったのではないのか?
最もダインスレイブやヒットマンにしても同じことが言えるのだが。

第三はスタッフの事後処理だ。
開き直って好き放題言っている。
謝罪の一つでもあれば違っただろうが
スタッフ連中はどいつもこいつも
「発言の自由」というのを勘違いしている。
これだけははっきり言わせてほしい。
特に小川正和と伊藤悠だ。
こいつは何回言えば治るのだろうかと暗澹たる思いでいっぱいだ。
匿名での勘違い野郎ならまだ理解しなくもないが(かといって支持もしないが)
こいつらは公に発言しているという意識がまるでない。
発言の自由というものをあまりにも勘違いしている。
公に言うべきことは何かを考えて責任をもってそこから自由が始まるのではないのか?
長井龍雪に至ってはあまりにも発言に責任がなさすぎる。

ただ、ここまで荒れた発言をするのは
おそらく枠移動が原因の一つとしてあったのではないか?

枠移動や打ち切りを前にクリエイターが取る行動は二通り。
一つは有終の美を飾るべくやれることで全力を尽くす。
もう一つはタガが外れてめちゃくちゃになる。

おそらく鉄血は後者だ。

この原因もあり、鉄血二期の頃はもうスタッフにやる氣がなかったのではないかと見ている。

だから、アカンのだよ鉄血二期は。
本当言うと鉄血に思い入れも何もない。
けど、同じ過ちは繰り返してはいかんから言ってるだけ。
もう少しスタッフは真剣に反省してくれませんかね。

©2017-2019 NukesakuIchiban