悪のほそ道

発達障害やらアニメの感想やらプロレス感想などいろいろやります。

ジェリコノーエントリーの影響

G1クライマックス 選手 ブロック分け発表 - 悪のほそ道

流石に日程の都合といえばそれまでですが、
これはこれである一つの可能性が
高くなってきたということなんです。

それは何か?

オカダ IWGPヘビー王者としてG1制覇

です。

前回の大阪城の結果が伏線となった

前回の結果を受け本格的にジェリコとの
因縁が確定的となったといってもいい。
そうなるとジェリコの東京ドーム参戦もまた
確実となるわけです。
G1出場はスケジュール上不可能なわけですから、別の方法でのリマッチの実現が必要なわけです。

もしIWGP王者がG1優勝した場合

これは武藤敬司佐々木健介以来の快挙と
なるわけで、権利書創設以来初の事例でしょう。
しかし、王者がG1を制した場合、
ここでオカダによる逆指名
現実味を帯びてくるわけです。

逆指名の相手は?

当然クリス•ジェリコです。
ここで点と線が繋がってくるわけです。
G1を制したオカダがジェリコを逆指名して
イッテンヨン イッテンゴへ繋がっていくとしたら、ありえそうに思えてきませんか?

結論 今年は王者のG1制覇見れるかもよ?

いままでジンクスとしてヘビー王者がG1を落としてきたわけですが、
今年は毛色が違うことがお分かりいただけたでしょうか?

もっとも、内藤哲也の3冠達成の線もあるため
わかりづらくなっていますが、
やはり今年はありえないことが起きるかもしれません。

©2017-2019 NukesakuIchiban