悪のほそ道

発達障害やらアニメの感想やらプロレス感想、阪神タイガース感想などいろいろやります。

G1クライマックス最終日 覚悟を決めた飯伏が頂点に

ELETEに翻弄された二人が決勝の舞台に

この組み合わせは偶然なのか?
方やゴールデンラヴァーズ復活からの中途半端なアングルを飲まされ続け、その苛立ちの中で去年の棚橋との決勝の中で覚悟を決めここまで来た男。
方やバレットクラブの首領になるのが遅れたばかりに後手後手に回ってしまい、出遅れを余儀なくされた男。
この組み合わせはまさにデスティーノ 運命なのか?

勝負所の相手に勝ってともに勝ち上がってきた

飯伏は最終戦のオカダ、ジェイはモクスリーと内藤に勝ったことでこの決勝に立ったこと。
特にジェイにとってモクスリーの参戦は危機感を抱かせるには充分であったことは想像に難くない。ここで負けてしまえば再び海外武者修行を余儀なくされかねないだけにこれに勝ったことは大きい。

今年はついにジェイは強さの証明をしてみせた。

去年は「お前それいる?」という無駄なムーブが多く、ヒートというよりヘイトのブーイングが多かったように思いますが、
今年は洗練され、肝心要で反則なしの実力で勝てることを証明できるようになって
本物のヒールチャンプになっていたのには素直に感動しました。

ついに飯伏幸太がG1の頂点に

実は前にも言ったのですがオカダがヘビー王者としてG1制覇という予想を立てていましたが、
それを壊してくれたのはやはり去年足りなかった飯伏の覚悟だったのではないでしょうか?
棚橋が、後藤が目覚めさせた覚悟。
何でここで後藤洋央紀?去年のNEVER戦のやりとりですよ。
ベルトを巻いたことによって覚悟というものが本当に目に見える形で生まれたと思ってるんです。

混沌とするダブルドーム戦線

バレットクラブに入ったKENTAとの権利書争奪戦を迎える飯伏
プロレス王鈴木みのるがオカダを痛めつけIWGPヘビー戦線を勝ち取り、さらに再びライバルとして立ちはだかるSANADA
敗れたジェイもインターコンチとUSに線を残し、
さらにUSにはジュースが本当のリベンジを果たせるかがかかり
インターコンチにはタイチが再び。
NEVERにはヘビー級に完全転向の鷹木が。
ベルト戦線が混沌としてダブルドームでどう繋がるのかが楽しみで仕方がありません。

©2017-2019 NukesakuIchiban